2005年06月12日

小2 初めてのパソコンの授業

入学して2年。
いよいよパソコン教室での授業を行うことになりました。


本校のパソコン教室にはパソコンが20台。2人で1台の割合ですね。
少々年季が入ってますが、windowsが95じゃないだけ良しとしましょう。


さて、こいつを2年生に使わせろ、と言う。

主任「じゃあ、お願いね」

まぁ、そう来るでしょう。
一応、パソコンに詳しいで通っていて、
校務分掌ではパソコン係主任もおおせつかってるわけですから、

今回の授業の件は、全て私に任せられました。


・・・まぁいいでしょう。

この俺のパソコンスキルの真髄をお見せしましょう < なんじゃそりゃ

てか、ありえないほど準備に時間割いちゃったからここに書きでもしないと救われない・・・




<<<事前準備>>>

授業は何らかのプレゼンテーションソフトとプロジェクターを用いて行います。
見たまんまにやらせないと、子どもらもできっこないですからね。


1時間しかないので、できることと言ったら

1.電源ON
2.お絵かきソフトを起動
3.適当に遊ぶ
4.電源OFF


くらいでしょう。


これら一連の作業を実際に行いながら、[print screen]キーで片っ端から画像にして保存しておきます。
ログオン画面だけはこの操作ができなかったので、デジカメで画面撮影です。
パソコンの外観、キーボードもデジカメ撮影です。


画像がそろったら、順番どおりにプレゼンソフトに放り込みます。
うちの学校は運良く教師機にパワーポイントが入っていたので、これを使います。
余裕があったらアニメーションもつけたいところ。
ただつけすぎるとゴチャゴチャしちゃうので注意。
プロジェクターだと黄色とか分かりづらいので、黒で囲むなど色の設定も必要です。




<<<教室準備>>>

主幹電源(ブレーカーみたいなの)があるなら、教師機以外は電源が入らないように切っておきます。
これでひとまずいたずらは阻止。

教師用パソコンは電源を入れ、パワーポイント起動。
プロジェクターも入れておきます。




<<<授業>>>

子どもをパソコン教室に入れる前に、

 1.前のつくえ(教師用パソが乗ってる台)には近づかない。
 2.イス(ローラーつきのオフィスチェア)であそばない。
 3.かってにボタンをおさない。

を理由と共に言って約束させます。


初めて教室に入った子ども達。

「すごーい!!」
「会社みたい〜」
「早く使いてぇ〜」

とおおはしゃぎ。

『教室はぼろいしパソコンはポンコツで全くすごくないけどね』
きれいな心を忘れた大人は心の中でつぶやきます。


しばらくはプロジェクターを見せて進めます。
子どものパソコンは電源が入りませんので前を見ざるをえない。
それ以前に、画面が大きく出てる地点で子どもは興味深々です。


さっきの3つの約束と、一緒に、
パソコンが上手になるコツとして

 1.ゆっくりまちましょう(パソコンがポンコツだからね)
 2.先生の言ったとおりにうごかしましょう。
 3.友だちときょうりょくして、交代しながらやろう。(ケンカ防止)

を確認。

とくに「待つ」は大事よ。
これ言っとかないと、パソコンの画面がウィンドウでいっぱいになってブラクラ状態になるから・・・


さて、お待たせしました。

電源を入れる・・・前に、

『電源はどれでしょう。指差してみて。』

と言ってみる。

ほぼ全員、ディスプレイを指差しました。

そりゃそうだ。


『実は電源はここでした〜』

と、写真つきでプロジェクターで解説。

「え〜」「うそ〜」
「あ、おれ、おれ知ってたぜ!!」

お前は違ってたろうがぁぁぁぁ


まぁここはさらりと流して、いよいよ電源を入れさせます。

教室内の全電源をONにして、電源ボタンを押させます。


しかし、よっぽどパソコンの授業が楽しみだったのか、子どもら今日はめちゃめちゃ落ち着いてますな〜



このあと、ログインの仕方、ペイントソフトの起動も画像つきで説明。
しかし、ダブルクリックには手間取ってますな。

お絵かきソフトが起動したら、
ペンなどの変え方、色の変え方だけ教えて

『じゆうにいろいろやってみて』

うわ!放任主義!!?


でも子どもら、ちゃんとやり方わかって自由に絵を書いてます。
塗りつぶしやイラストの張り方も見つけ出してます。

びっくりしたのは、
「絵をでっかくしたいな〜」とか言いながら
キャンバスのサイズ変更してた男の子。

こいつ、素質があるな・・・



結局お絵かきは10分ほどで切り上げ。

あとは電源OFFの手順を説明して終了。


なんとなんと、時間通りに終わったじゃないですか。
やっぱりいつもとやる気が違いましたね。
子どもも担任も。

久々に充実した授業でした。










でもさ、ちょっと聞いてくれよ。
おれって、パワーポイント作ると無駄に凝って時間かけちゃうってことで有名じゃないですか
この授業の準備で前日は3時半就寝。
しかも今週は出張が2日入るわ、
音楽会で切羽詰ってくるわ、
土曜日は開放参観+パソコン授業2時間目だわで、
今年始まって以来のとんでもない1週間でした。

長かった・・・

あんまりにもひどい一週間だったので憂さ晴らし的に勢いだけで書いてしまった。
軽く教育実習並の生活だったな〜

そんな忙しい時に限って更新頻度が高くなる、それがriderクオリティ < なんじゃそりゃ
posted by MudRock at 23:55 | Comment(7) | TrackBack(1) | 学級日誌
この記事へのコメント
おつかれさまー。
なんとなんと小2からパソコンを使わせるのですね!!!
将来SEという仕事は技術職じゃなくなってるかもしれませんな、こりゃ。

昨日おとついとお祭りの司会やったんやけど、小さい子の相手はオレはとてもとても無理です。
小学校の先生ってのはいつまでも技術職専門職であると思います。
Posted by J.Jルソー at 2005年06月13日 16:36
小学校で先生やってるみっぴといいます。
20台パソコンが入ってるなら、先生機の方に児童機をコントロールするソフトが入っていませんか?それがあると、電源のON・OFFを一括して教師側でできたり、子どもが困っている時にいちいちそこまで行かずにマウスをリモートコントロールして操作・説明できたりします。ソフトによってできることは違うので、いろいろ試してみるといいですよ。

私は先生機の画面をそのままプロジェクターに映して説明しています。指示がある時はWORDなどで文字をでっかく書いて写して、黒板代わりにもします。これも便利ですよ。

子どもに保存させたい時は、まず何も入っていないファイルを児童名で人数分作っておいて、それを開いて作業をさせると、「上書き保存」だけで保存ができるので、低学年は特に楽です。

ダブルクリックが難しいのは、大抵、子どもの手が小さくてマウスを持った時に手首が机についていないからだと思うので、もしゆとりがあればマウスを一回り小さいものにすると、子ども達がダブルクリックやドラッグが楽にできるようになると思います。

…なんて言っておいて、今年はまだ一回もパソコン教室に連れて行ってないんですけどね。
(^^ゞ
Posted by みっぴ at 2005年06月14日 01:05
出番ですね(^-^;) 考えただけで私には無理ですわ。マンツーの指導ならいいかなって感じです。

私の先輩が2週間、高校生に化学を教えに行きました。理想と現実は違うって。先生はすごいな〜

Posted by はっしー at 2005年06月14日 18:51
うちの小学校は、なんと全教室に一台ずつ設置されました…が、いつのまにか視聴覚室に集められ、パソコンルーム風になりました。
使える先生は授業で使い、使えない先生はフタを開けもしないので、そういうことにしたのかな。

担任が教えなくても、パソコンに詳しい保護者や地域の人をゲストティーチャーに招ければいいのにね。うちの子はIBMと某大学が開いたパソコン講座に3日間行っただけで、HPを作りましたよ〜。
Posted by 通りがかりのよその保護者 at 2005年06月15日 22:07
児童機をコントロールするシステム、無いんだよな〜
画面を止める機能だけでもあればどれだけ便利かと思います。

学年内でも同じ授業やるので、パワーポイント1つ作っておいて
「これ使ってください」
と言っておけば、パソコン苦手な先生でも授業ができますからね。

低学年のうちは手間がかかるのも仕方がないかな、と思います。

「お前がただ単にパワーポイントやりたかっただけだろ」
と言われりゃ正にその通りなんですけどね・・・
Posted by 管理人 at 2005年06月16日 07:24
パワポを初めて作った時は楽しかったですね〜
アニメーションと3Dとモロモロを組み合わせるとかなりの大作パワポが出来ますね。無駄に時間かけたりして(^-^;)
Posted by はっしー at 2005年06月17日 15:00
そう、無駄に時間かけちゃうのよ。
時間かけ始めるとキリが無いんだけどね・・・
発表するために作ってるはずなのにだんだんと自己満足の域に達してくる。
それなりに「おぉ〜」ていう反応が返ってくるからさらに調子に乗っちゃうんだけども・・・
Posted by 管理人 at 2005年06月18日 08:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4317729

この記事へのトラックバック

Windows 95
Excerpt: Windows 95Windows 95(ウインドウズきゅうじゅうご)は、Windows 3.1の後継としてマイクロソフトが1995年に出したオペレーティングシステム|OSである。Microsoft ..
Weblog: パソコン図書館
Tracked: 2005-07-04 14:05
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへにほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへにほんブログ村 教育ブログ 教育者(小学校)へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。