2004年12月18日

映画『ULTRAMAN』

今日、12月18日は各地で様々なイベントが行われています。
開店やら発売やら大盛り上がりです。
みんな総出でrider inside 2周年を記念してくれているんですね <違!

今日公開の映画もたくさんあります。
ターミナルやらエイリアンVSプレデターやら。
それらも面白そうなんですが、俺としてはこいつは見逃せません。

映画『ULTRAMAN』

映画『ULTRAMAN』

俺の誕生日にウルトラマンの映画が公開!?
こいつは見に行かなくては!!

部屋の片付けも忘れて劇場に到着です。

 

主演・別所哲也

渋い!かっこいい!若手イケメン俳優はろくな演技ができないことをよくわかっている配役です。
いや、多分映画のテーマから考えての配役だと思うけど・・・

 

ストーリー
 航空自衛隊の妻子もちお父さんパイロットが、事故によりウルトラマンと融合。
 世界を、家族を、息子との約束を守るために怪物と戦う!

なんだかのほほんとしたストーリー紹介になってしまいましたが
内容はそんなのほほんしたものばかりじゃありません。
「人間が本当にウルトラマンになったらどうなるのか、を描いてみたかった」
とどっかで読んだ気がしますが、ホントその通り。
ウルトラマンと怪獣の戦いに巻き込まれてしまったお父さんの物語なんです。
はっきりといいましょう。
この映画は家族の絆を描いた感動の物語です。

 

音楽監修・TAK MATSUMOTO (B'z)

この情報を聞いたときは耳を疑いましたが、すっごくよかった。
CMでも流れてた『Thema from ULTRAMAN』がカッコいい。
スピーディーなアクションシーンとあいまって強烈に印象に残りました。
ただ、エンディングのあの曲はあまりに唐突で・・・

 

その問題の戦闘シーン

これは一見の価値ありですね。
特にウルトラマンと怪獣の空中戦は見ものです。
「特撮にCGなんか使うな!気ぐるみでピアノ線で吊ってやれ!」
とおっしゃる方もいますが、気ぐるみでできないことをCGでやるから意味があるんです。
スピーディーで大迫力なあの映像だけ見ても、この映画の価値は十分にあるといえるでしょう。

 

なんだか見終わってから、「アメリカのSF見てるようだなぁ」とふと思ったんです。
ストーリーのテンポもいいし、見せ場もハッキリしてるし。
映画終わってから見たパンフレットを見たらその理由がわかりました。

「一般映画としてのウルトラマンを実現させたい」

ハリウッド映画のバットマンやスパイダーマンは一般に受け入れられているんだから、ウルトラマンだって!!
と、スタッフもかなり気合を入れて作ったようです。
きっと、その気合がプラスの方向に働いたのが映画『ULTRAMAN』で、うまくいかなかったのが『ネクサ(以下略

是非とも親子で見て欲しい、ウルトラマンを知らない人にも見て欲しい。
今やってる『ウルトラマンネクサス』が好きな人にも嫌いな人にも見て欲しい。
SF好きならもう絶対に見なさい。
と、多くの人に自信を持って勧められる映画です。

 

実は、公開初日に見に行った映画はこれが初めてなんです。
自分の誕生日に、公開日にこんないい映画が観られて私は満足です。

posted by MudRock at 14:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ大好き
この記事へのコメント
ライダーさん、誕生日おめでとうございました☆
Posted by ユキコ at 2004年12月19日 18:18
ありがとうございました☆
いやぁ、誕生日は遊びすぎた。
仕事が・・・
Posted by 管理人 at 2004年12月20日 01:03
わ!ライダーさんもこのサイトも、こないだ誕生日だったんですね!
遅くなりましたが2〇才、そしてサイト二周年、おめでとうございました☆
Posted by ピロ at 2004年12月22日 00:12
一瞬「20歳」って見えて焦った・・・
サンキュー!
2学期ももうすぐ終わりだぜ!
Posted by 管理人 at 2004年12月23日 11:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへにほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへにほんブログ村 教育ブログ 教育者(小学校)へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。