2006年02月09日

頭部より出血

2年R組杯落し物王争奪戦1位をひた走り、
忘れ物王とのW受賞も期待されているA君。

彼を筆頭に、うちのクラスは落し物が絶えない。



今日も給食後、堂々とエプロンを床に放り出しっぱなし。



「あ〜もう、しょうがねぇなあ」



と、かがんだ瞬間だった。











ゴス












頭に響き渡る鈍い打撃音。







く、やられた・・・・







いったい・・・・











いったいだれがこんなところにイスをおきやがったんだ










A君だ











『A君、ちょっと来なさい』








「A君なら今逃げました」















後でおぼえてろ。。。













まあ大したこともなさそうなので午後の授業を始める。
















にしても、さっきぶつけたところ、やけに痛いな。








と、触った指を見てみると紅いものが














『・・・・・・・・』













「先生、どうしたの?」














『あ〜・・・  血だ












「えーーー!!!」





教室は騒然。







「見せて見せて〜!!」





見せもんじゃねぇ!











「うわっ、先生すごい傷だよ」









え、マジ?


そんなにひどいの?










「鏡で見てきたほうがいいって」
「トイレ行こう、トイレ」

『あ、ああ・・・』







言われるがままにトイレにつれてかれる。


その後ろから野次馬が十数人。












鏡を見てみるが、特になんともない。







『大丈夫じゃん。』


「え〜、先生わからないの?」

「目悪いんじゃないの?」

「ほら、そこ、はげてるところ」




誰がはげじゃコラ













「とにかく先生、保健室行って診てもらったら?」


『いや、これくらい大丈夫だって。』



「大丈夫じゃないよ、保健室行くよ」



『いいって!』






俺の手を引っ張る子ども数人。


教室のドアにしがみついてる俺。










まるで病院にいくのを嫌がってる子どもみたいだな

























俺がだけどな。












「わかった、保健室の先生呼んでくるよ!」













呼んでくる?







保健室に駆け込んで

「大変!先生が頭から血を出した!!!」

というつもりかい?











救急車を呼ばれてしまうわ
posted by MudRock at 20:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 学級日誌
この記事へのコメント
で?どうだったんですか、怪我の具合は?
Posted by 通りがかりのよその保護者 at 2006年02月10日 23:57
おかげさまで何ともないです。
ほんと、ちょっと打ったくらいなんで
Posted by 管理人 at 2006年02月11日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへにほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへにほんブログ村 教育ブログ 教育者(小学校)へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。